食づくり

おうちでゆっくり、卓上お花見

こんにちは。
育休中で管理栄養士の妻です。

コロナウィルスで、ついに外出自粛になってしまいましたね。
皆さんも色々と気を使いながら生活していると思います。

でも、季節は春を迎え、桜が咲き誇っています。
わが家の桜もほぼ満開の見ごろです。
なのに天気もすぐれない。

今年はお花見できないなぁ、、
つまらないなぁ、、
なんて思っている方も多いのではないでしょうか。

こんな時こそ、おうちでお花見がおすすめです。

花のある暮らし-HOME-家の中に花を飾る【日比谷花壇】

わが家も先日、家でお花見ランチをしました。
お花屋さんにも、枝物の桜がたくさん並んでますからね。
日比谷花壇さんでもおうちで花見をおすすめしてました。

庭に咲く桜を遠くに見ながら、ダイニングテーブルには桜を飾って。
お酒も飲みつつ、とっても楽しめましたよ。

今日は、その時に準備したメニューをご紹介します。

■お花見ランチのメニュー

桜を見ながら食べるとは言え、お花見の時は華やかな、
いわゆる映える料理を作りたいですよね。

さらに、お花見の醍醐味、お酒も一緒に楽しみたい!
でも作ろうと思っても、手のかかるものは作りたくないものです。

今回は家の中で食べるので、
・数時間後に食べても保存性は大丈夫かな?
・持ち歩いて崩れないかな?
なんて気にする必要はありません。

というわけで、私は以下のメニューを考えました。

  1. ベビーリーフのサラダ
  2. 彩り豊かな前菜盛り
  3. 可愛い春のおいなりさん

とても簡単です!

生協の宅配パルシステム★おためしセット購入

■作り方

①ベビーリーフのサラダ
簡単すぎて説明不要、かと思いますが、一応記載します(笑)
・ベビーリーフを水洗いし、水を切って器に盛ります。
・ミニトマト、ミックスビーンズをお好みで散らし、完成です。

お好みのドレッシングを合わせて、どうぞ!

パーティーの時にはあるといいサラダ。
ベビーリーフにあるちょっとした苦味が、春らしいメニューですよね。
中心に山ができるように盛ると、映えますね。

②彩り豊かな前菜盛り
・キャロットラペ
前日の夜に仕込んでおきました。
スライサーで細切りにした人参をビニール袋に入れ、
手作りフレンチドレッシング(※)とクミンシードをかけて、
袋の口を閉じたら揉み込みます。
そのまま冷蔵庫で一晩寝かせます。

・紫キャベツのマリネ
こちらも、前日の夜に仕込んでおきました。
包丁またはスライサーで千切りにした紫キャベツをビニール袋に入れ、手作りフレンチドレッシングをかけて、袋の口を閉じたら揉み込みます。
そのまま冷蔵庫で一晩寝かせます。

※手作りフレンチドレッシング
酢 大2
オリーブ油 大1
砂糖 小1
塩 少々
胡椒 少々
(市販のものでも代用可)

・ハニーマスタードチキン
前日の残り物ですが。。笑
鶏もも肉を一口大に切り、フライパンで焼き目をつけてから、
はちみつ・粒マスタード・醤油を入れて、お肉に絡めて出来上がりです。

・ガリ
市販のものを使用しました。
おいなりさんにガリが必須な方は、前菜としても盛り付けちゃいましょう。



③ 可愛い春のおいなりさん
市販の味付けいなりを使用したので、とっても簡単です。

・味付いなり
コープ【パルシステム】
の”味付いなりあげ”を使用。10個入り。
袋のまま湯の中に入れ、温めてから開けると剥がしやすいです。

・酢飯
400gほど必要ですが、1.5合で500gほどのご飯になるため、1.5合で作りました。
硬めに炊き、すし酢を混ぜて胡麻を加えて、それを俵型にしてから詰めます。

※酢飯を詰めたあと、いなりのクチを折り返しておくと、
具が載せやすく、見た目も綺麗です。

・トッピング
トッピングには以下を用意しました。

*菜の花:辛子和えにして春らしく
*でんぶ:ピンクで花見感を出します
*しらす:緑とピンクの色合いを優しく見せるために

*スモークサーモン:淡白でおつまみ感もあり
*ケーパー:サーモンにぴったりです
*紫キャベツのマリネ:彩りよくするため
*ガリ:寿司感のある組み合わせのため
*イタリアンパセリ:彩りに。家庭菜園してます

以上の組み合わせに分け、2種類のいなり寿司を飾りました。

生協の宅配パルシステム★おためしセット購入

■さぁ、パーティー開始♪

グラスには、よく冷えたビールを注ぎ、いただきます!
家だと安心して酔えるのがいいですね(笑)

外でお花見も最高に気持ちいいですが
子どもが小さいと何かと荷物が多かったり
衛生面やオムツなど心配事が多いのも事実。。

家ならそんな心配もいりません!

今回紹介したレシピは前日から仕込める物も多く、
当日は朝少し手を加えるだけで簡単に食べられます。
この日は、美味しく楽しい時間を過ごせました。

トッピングを変えれば、1歳半の息子も一緒に食べられました!
ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

この自粛時期を、家族で過ごすおうち時間として、楽しく乗り越えましょう!