家づくり

中古マンション+リノベーションの進め方

前回は「住まいの選び方」で中古マンションを選択した話を書きましたが、今回は中古マンションをリノベーションする場合の進め方を考えてみたいと思います。

中古マンションをどこで購入するか思い浮かべた場合、真っ先に思い浮かぶのは不動産屋さんではないでしょうか?中古マンションを購入してそのまま住む場合は不動産屋さんで間違いありません。しかし、中古マンション+リノベーションの場合は話が異なります。

早速、住みたいマンションを探してみよう!と思いがちですが、まずはリノベーションの設計をどこに依頼するのかを決めることをオススメします。理由は2つあります。

オススメの理由

  1. リノベーションに向いている物件とそうでない物件があり、リノベーションすることを前提に探す必要があるため。
  2. 不動産取得、銀行ローン審査、リノベーション、不動産登記と素人には複雑で難しいことを非常に短期間のうちに効率よく行う必要があるため。

 

1.リノベーションに向いている物件
構造:
多くのマンションはRC造もしくは鉄骨造の構造体でできていますが、工事のしやすさを鑑みるとRC造をオススメします。RC造にはラーメン構造と壁式構造の2種類があり、プランの自由度が高くリノベーションに向いているのはRC造のラーメン構造です。

設備:
目に見えるキッチン・ユニットバスだけでなく、壁や床の中に隠れている配管や、その配管の劣化具合やどのように外部へと接続されているかが重要です。ここを考慮せずに購入し、いざキッチンや浴室を移動しよう!と思っても出来ない場合があります。特に築年数が経った建物では注意深く確認する必要があります。

リノベーション向きの物件探しなら。リノべる。

2.不動産取得からリノベーションま
リノベーションを行うためには当たり前ですが、不動産を取得する必要があり、不動産を取得するために一般的には銀行ローンを利用します。それぞれの過程で専門的な知識が求められるため、個人ですべてを行うのは現実的ではありません。
場合によっては状態が良くない建物を相場以上の値で購入してしまったり、今住んでいる賃貸契約の期間内に工事が終わらなかったりとさまざまなトラブルが想定されます。

これらの理由から不動産の知識以上に建築を見る目と全体をコントロールする能力が必要となるため、まずはリノベーションをどこに依頼するのかを決めることをオススメします。

私のような設計士・建築設計事務所・建築家に不動産探しをする段階から依頼して%8″E3のも1つの手段です。また、ワンストップリノベーション会社といって、リノベーションにまつわるすべてのことをトータルで任せられる会社さんもあります。

私も現在は建築設計事務所に勤務しているので自宅のすべてを監理する時間を確保することが難しいため、ワンストップリノベーション会社さんの手を借りることとしました。
ワンストップリノベーション会社さんでは不動産、銀行ローン、リノベーションのそれぞれのプロがフォローしてくれるためとても助かりました◎

リノベーション専門のリノべる。は
物件探しからローン、設計まで1ストップ

参考:リフォームのダンドリ徹底解剖【ホームプロ】

参考:リノベーションのための、7つの物件チェックポイント【リノベる】

前回は「住まいの選び方」で中古マンションを選択した話を書きましたが、今回は中古マンションをリノベーションする場合の進め方を考えてみたいと思います。

中古マンションをどこで購入するか思い浮かべた場合、真っ先に思い浮かぶのは不動産屋さんではないでしょうか?中古マンションを購入してそのまま住む場合は不動産屋さんで間違いありません。しかし、中古マンション+リノベーションの場合は話が異なります。

早速、住みたいマンションを探してみよう!と思いがちですが、まずはリノベーションの設計をどこに依頼するのかを決めることをオススメします。理由は2つあります。

オススメの理由

  1. リノベーションに向いている物件とそうでない物件があり、リノベーションすることを前提に探す必要があるため。
  2. 不動産取得、銀行ローン審査、リノベーション、不動産登記と素人には複雑で難しいことを非常に短期間のうちに効率よく行う必要があるため。

 

1.リノベーションに向いている物件
構造:
多くのマンションはRC造もしくは鉄骨造の構造体でできていますが、工事のしやすさを鑑みるとRC造をオススメします。RC造にはラーメン構造と壁式構造の2種類があり、プランの自由度が高くリノベーションに向いているのはRC造のラーメン構造です。

設備:
目に見えるキッチン・ユニットバスだけでなく、壁や床の中に隠れている配管や、その配管の劣化具合やどのように外部へと接続されているかが重要です。ここを考慮せずに購入し、いざキッチンや浴室を移動しよう!と思っても出来ない場合があります。特に築年数が経った建物では注意深く確認する必要があります。

リノベーション向きの物件探しなら。リノべる。

2.不動産取得からリノベーションま
リノベーションを行うためには当たり前ですが、不動産を取得する必要があり、不動産を取得するために一般的には銀行ローンを利用します。それぞれの過程で専門的な知識が求められるため、個人ですべてを行うのは現実的ではありません。
場合によっては状態が良くない建物を相場以上の値で購入してしまったり、今住んでいる賃貸契約の期間内に工事が終わらなかったりとさまざまなトラブルが想定されます。

これらの理由から不動産の知識以上に建築を見る目と全体をコントロールする能力が必要となるため、まずはリノベーションをどこに依頼するのかを決めることをオススメします。

私のような設計士・建築設計事務所・建築家に不動産探しをする段階から依頼して%8″E3のも1つの手段です。また、ワンストップリノベーション会社といって、リノベーションにまつわるすべてのことをトータルで任せられる会社さんもあります。

私も現在は建築設計事務所に勤務しているので自宅のすべてを監理する時間を確保することが難しいため、ワンストップリノベーション会社さんの手を借りることとしました。
ワンストップリノベーション会社さんでは不動産、銀行ローン、リノベーションのそれぞれのプロがフォローしてくれるためとても助かりました◎

リノベーション専門のリノべる。は
物件探しからローン、設計まで1ストップ

参考:リフォームのダンドリ徹底解剖【ホームプロ】

参考:リノベーションのための、7つの物件チェックポイント【リノベる】

前回は「住まいの選び方」で中古マンションを選択した話を書きましたが、今回は中古マンションをリノベーションする場合の進め方を考えてみたいと思います。

中古マンションをどこで購入するか思い浮かべた場合、真っ先に思い浮かぶのは不動産屋さんではないでしょうか?中古マンションを購入してそのまま住む場合は不動産屋さんで間違いありません。しかし、中古マンション+リノベーションの場合は話が異なります。

早速、住みたいマンションを探してみよう!と思いがちですが、まずはリノベーションの設計をどこに依頼するのかを決めることをオススメします。理由は2つあります。

オススメの理由

  1. リノベーションに向いている物件とそうでない物件があり、リノベーションすることを前提に探す必要があるため。
  2. 不動産取得、銀行ローン審査、リノベーション、不動産登記と素人には複雑で難しいことを非常に短期間のうちに効率よく行う必要があるため。

 

1.リノベーションに向いている物件
構造:
多くのマンションはRC造もしくは鉄骨造の構造体でできていますが、工事のしやすさを鑑みるとRC造をオススメします。RC造にはラーメン構造と壁式構造の2種類があり、プランの自由度が高くリノベーションに向いているのはRC造のラーメン構造です。

設備:
目に見えるキッチン・ユニットバスだけでなく、壁や床の中に隠れている配管や、その配管の劣化具合やどのように外部へと接続されているかが重要です。ここを考慮せずに購入し、いざキッチンや浴室を移動しよう!と思っても出来ない場合があります。特に築年数が経った建物では注意深く確認する必要があります。

リノベーション向きの物件探しなら。リノべる。

2.不動産取得からリノベーションま
リノベーションを行うためには当たり前ですが、不動産を取得する必要があり、不動産を取得するために一般的には銀行ローンを利用します。それぞれの過程で専門的な知識が求められるため、個人ですべてを行うのは現実的ではありません。
場合によっては状態が良くない建物を相場以上の値で購入してしまったり、今住んでいる賃貸契約の期間内に工事が終わらなかったりとさまざまなトラブルが想定されます。

これらの理由から不動産の知識以上に建築を見る目と全体をコントロールする能力が必要となるため、まずはリノベーションをどこに依頼するのかを決めることをオススメします。

私のような設計士・建築設計事務所・建築家に不動産探しをする段階から依頼して%8″E3のも1つの手段です。また、ワンストップリノベーション会社といって、リノベーションにまつわるすべてのことをトータルで任せられる会社さんもあります。

私も現在は建築設計事務所に勤務しているので自宅のすべてを監理する時間を確保することが難しいため、ワンストップリノベーション会社さんの手を借りることとしました。
ワンストップリノベーション会社さんでは不動産、銀行ローン、リノベーションのそれぞれのプロがフォローしてくれるためとても助かりました◎

リノベーション専門のリノべる。は
物件探しからローン、設計まで1ストップ

参考:リフォームのダンドリ徹底解剖【ホームプロ】

参考:リノベーションのための、7つの物件チェックポイント【リノベる】