家づくり

[比較]
ワンストップリノベの選び方 調査編

前回は「中古マンション+リノベーションの進め方」で中古マンションを探す前にリノベーションをどこに依頼するのかを決めることをオススメしましたが、今回はリノベーション会社のどのような手順で選んでいったかを振り返ってみます。 (主観かつ個人的な意見になりますのであしからず。。)

リノベーション会社を選んだ手順

  1. リノベ専門雑誌リライフプラスを発行している扶桑社が運営している
    リノベりす」や紹介サイトの「ホームプロ」で計画地付近の会社を検索。
  2. 候補の会社を20社程度ピックアップし、金額・サービスの範囲・デザイン
    などの指標で細かく分析。
  3. 問い合わせをして10社程度資料請求し、もっとも気に入った会社さん2社の見学。

リノベーション マンション

1.リノベりすで計画地付近の会社を探す
リノベりすはリノベーション専門サイトのため、ほとんどの会社さんを網羅しています。計画地もしくは現在の居住地の近くに好みのリノベーション会社さんがないかを検索しました。比較表がとてもとても参考になるのでオススメです。

ホームプロは現在の住まいタイプを入力すると地元の会社さんを紹介してくれます。

計画地の近くにあった方が工事単価が安くなる可能性があることと、頻繁に打合せが行われるため居住地の近くにショールームがあった方が打合せがスムーズです。

どうしても居住地よりも遠い会社さんを気に入ってしまった場合は覚悟して打合せに臨みましょう。家づくりの打合せは進むに従って熱が入っていくため思った以上に体力を消耗します!

2.候補の会社を細かく分析
この段階は非常に重要です。家族それぞれで考えた理想の家づくりをもっとも叶えてくれる可能性の高い会社さんを現実と見比べながら探していきます。

私が指標とした項目は主に4点です。

  • 工事単価の目安
  • ワンストップリノベーションが可能か
  • 設計者寄りか不動産寄りかリノベ寄りか
  • デザイン性が高いか
  工事単価 ワンストップ 方向性 デザイン性
リノべる。 800~1000万円 リノベ会社
不動産強い
ブルースタジオ 1000~1200万円 リノベ会社
有名
リビタ 表記なし リノベ会社
有名
CRAFT 1200万円 × リノベ会社
高級
ひかリノベ 800~1000万円 リノベ会社
デザインライフ設計室 900万円台 × 設計事務所
Beat HOUSE 850万円程度 リノベ会社
不動産強い
LOHASstudio 500~1000万円 リノベ会社
REDESIGN 950万円程度 設計事務所

※上表の工事単価は60㎡の場合の目安を2018年当時にホームページ記載や電話での問い合わせで調べた金額です。
 詳しくは各会社さんに必ず問い合わせてください。独断と偏見ですみません。

工事単価に振れ幅が大きい程、手広く展開していて融通が利く印象でした。また、当然と言えば当然ですがデザイン性を売りにしている会社さんほど工事単価が高いです。

また、リノベーション会社と言っても会社のはじまりが設計事務所か、不動産会社かによって会社カラーがまったく異なることも分かりました。

有名な会社さんであっても担当する設計者さんによって変わってしまうことと、歴史の浅い会社さんは将来のメンテナンスに不安があることも考慮した方が良いかと思います。

最終的には人と人のため、実際に見学に行って会社の雰囲気、実際に担当する営業さんや設計者さんとの相性を見極める事を強くオススメします。

リノベーション前に知っておきたい
リノベーション基礎講座 個別相談会ご予約受付中!リノべる。

 

3.資料請求し、見学へ!

私は自身が設計者のためはじめは「デザイン性の高い会社に頼んでみたい!」と思っていたのですが、工事単価が高いことと、会社さんのデザインコンセプトが強いため、自分のやりたい空間ができない可能性があることに気が付きました。

設計は自分で行いたいので、デザイン性ではなく不動産に強いこと、融通が利く会社さんの優先順位が高まっていきました。

そこで元々会社の社長さんが不動産関係だった「リノべる。」と「Beat HOUSE」の2社に絞って見学に行くこととしました。

次回は実際に見学に行き、依頼したワンストップリノベーション会社さんの決め手について振り返ってみたいと思います◎

リノベーションのことがよく分かる資料
「RENOVERU FILE.」お申込みはこちら→リノべる。